logo

スパイク・チュンソフト、PS4とPC用「428 封鎖された渋谷で」を発売

佐藤和也 (編集部)2018年09月09日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「428 封鎖された渋谷で」キービジュアル
Scroll Right Scroll Left

「428 封鎖された渋谷で」キービジュアル

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 スパイク・チュンソフトは、PS4とPC向けサウンドノベル「428 封鎖された渋谷で」を、9月6日に発売した。PS4向けはパッケージ版とダウンロード版が用意され、価格は3800円(税別)。PC版はSteamとDMM.comを通じて配信され、価格は3960円(税込)。

 本作は、2008年にWii用ゲームソフトとして発売された同名タイトルの移植版で、渋谷の街を舞台に、複数の主人公とそれを取り巻く人々の一日を描くサウンドノベル。プレーヤーはさまざまな立場の主人公たちの視点でシナリオを並行して進めることとなり、そのなかで「次にどのような行動をとるのか?」「何を考えるべきか?」など、多くの選択を迫られる。そしてその選択は、主人公のシナリオを左右するだけでなく、別の登場人物の未来にも大きな影響を与えるというもの。現実の世界のように、お互いに関わり合い影響し合うドラマが楽しめる。なおデータの持ち越しが可能なPS4向け体験版も配信されている。

 オリジナル版の隠し要素である2つのボーナスシナリオは本作でも収録。そのうちのひとつはTYPE-MOONが担当した「カナン編」となっており、本編で真のエンディングを迎えると、黒い栞が追加されてカナン編が出現するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]