logo

ボーズ、眠る時につけるイヤホン「BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS」日本でも発売へ

加納恵 (編集部)2018年09月06日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズ9月6日は、不快なノイズをマスキングする独自の技術を搭載した「BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS」を発表した。いびき、近隣の騒音、犬の鳴き声、そして交通騒音などの周波数に合わせ、 10種類の「sleeptrack」がプリインストールされており、ヒーリングサウンドでこれらのノイズをマスキングする。同日から販売を開始し、税別価格は3万円。

「BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS」
「BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS」
重量約1.4g、縦横ともに1cmのコンパクトボディ
重量約1.4g、縦横ともに1cmのコンパクトボディ

 BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDSは、睡眠時のノイズを抑え、快適な睡眠をサポートするもの。長時間の装着に最適化しているほか、重量約1.4g、縦横ともに1cmのコンパクトボディで、横向きで寝る時なども、邪魔にならないよう配慮されているという。

 イヤープラグにはスマートホンやタブレットへの安定した接続を維持するため、レーザーエッチングによるアンテナを装備。内部にはバッテリ、極小のトランスデューサ、およびノイズマスキング用サウンドファイルを保存するフラッシュメモリを搭載した超小型の回路基板を搭載する。

  Bluetooth LEを搭載し、iOSとAndroidに対応。専用のアプリ「Bose Sleep App」を使って、コントロール、設定の変更ができるほか、目覚まし用アラームや、Sleeptrackの選択、環境に合わせたボリュームの調整などもできる。使用時間は最長16時間になる。

 BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDSは、2017年11月に米国のクラウドファンディングサービスの「indiegogo」に登場し、わずか6日で完売した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]