logo

ケンウッド、2つのカメラで前方以外も見守るドライブレコーダー

加納恵 (編集部)2018年09月05日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは9月5日、ケンウッドブランドから2つのカメラを同梱した、2カメラドライブレコーダー「DRV-MR740/MP740」(想定税別価格:3万4000円前後/3万7000円前後)を発表した。走行動画記録とともに、車室内や後方撮影ができる。発売は10月上旬。

「DRV-MR740」
「DRV-MR740」
「DRV-MP740」
「DRV-MP740」

 2カメラドライブレコーダーは、前後撮影ができるDRV-MR740と、車室内撮影もできるDRV-MP740の2モデルをラインアップし、用途に応じて選べる。いずれもビデオカメラで培ったカメラ技術を投入し、最大208万画素のフルハイビジョン高画質撮影を実現。F1.8のレンズにより、くっきりと明るい映像を記録する。

 DRV-MR740は、メインユニットと後方撮影用カメラの組み合わせ。DRV-MP740は、メインユニットと室内撮影用カメラで構成する。

 両機種ともに、前方衝突、車線逸脱、発進遅れ、リフレッシュ、エコドライブ、情報表示などの運転支援機能を搭載。別売の車載用電源ケーブル「CA-DR150」を使用すれば、最長24時間の駐車監視録画ができる。

 メインユニット部は高さ50.6mm×幅87.9mm×奥行き33mmで、重量約106g、2ndカメラは高さ40.4mm×幅44mm×奥行き30mmで、重量約35(MP740は38)gのコンパクトボディ。ルームミラーの裏側にも設置でき、視界に入ることなく運転に集中できるとしている。

 PCアプリ「KENWOOD ROUTE WATCHER II」を使えば、前後の走行映像を同時再生したり、静止画キャプチャをとったりすることも可能。メインユニットと2ndカメラの画面も簡単に切り替えられる。

 記録メディアには16Gバイト以上のmicroSDカードを推奨。2ndカメラ接続ケーブル長は、DRV-MR740が8mで、ほとんどの車種で引き回しができるとのこと。DRV-MP740は0.6mになる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]