logo

「Xbox」本体とゲーム無制限利用をセットにした月額プラン、米国で開始

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月28日 08時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月27日、「Xbox All Access」を発表した。ゲーム機「Xbox One」の本体、オンラインサービス「Xbox Live Gold」、多数のゲームを無制限で利用できる「Game Pass」をセットにした24カ月のプランだ。

Xbox All Access
Xbox All Access
提供:Microsoft/Screenshot by CNET

 Microsoftは、「Xbox One S」を月額21.99ドル(約2400円)、それよりもハイエンドの「Xbox One X」を月額34.99ドル(約3900円)で利用できるプランを用意している。24カ月後の期間満了時に、ゲーム機本体はユーザーのものとなり、Xbox LiveとGame Passのいずれかのサービスのサブスクリプションを継続するかどうかが選択できる。

 ただし、1つ予想していなかった条件として、このプランに加入するには米国内の実店舗のMicrosoftストアに行かなければならない。Microsoftは、米国内の35の州に100軒近くのストアを展開しているが、それはつまり、ストアが1軒もない州もあることを意味する。このプランの米国外での提供については、まだ発表されていない。

 Xbox One Sのプランは特にお得感がある。ゲーム機と2つのサービスを個別に購入するよりも24カ月で約130ドルも割安だからだ。Xbox One Xのプランは約20ドルしか安くない。ただし、このプランに加入すると、どちらのサブスクリプションサービスも24カ月間は解約できないので、Game PassとXbox Liveのいずれかを丸2年間使うつもりはないというユーザーは注意が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]