logo

自律神経の活動量などを数値化--CAと順天堂大学、ヘルスケアアプリ「CARTE」

坂本純子 (編集部)2018年08月21日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは8月21日、順天堂大学との産学共同プロジェクトとして、自律神経のセルフコントロールをサポートするアプリ「CARTE(カルテ)by CyberAgent」の提供を開始した。アプリはiOS向けのみで、App Storeからダウンロードできる。

「CARTE(カルテ)by CyberAgent」
「CARTE(カルテ)by CyberAgent」

 CARTEは、自律神経を独自の指標で数値化し、日々の自律神経の状態を手軽に把握することで健康管理に役立てようというアプリだ。自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部教授・小林弘幸氏の「自律神経を気軽に計測する文化を根付かせたい」という理念のもと、サイバーエージェントと順天堂大学の産学共同プロジェクト、小林教授の全面監修により誕生した。

 CARTEでは、自律神経の活動量とバランスを掛け合わせた独自の指標を“インナーパワー”として数値化。

 スマートフォンのバックカメラに60秒間指を当てると、ユーザーの脈拍から心拍変動解析に基づいた自律神経の状態を1~100の数値で算出する。さらに、同アプリにはインナーパワーの状態に合わせた小林教授オリジナルのエクササイズなど、自律神経向上のためのコンテンツも搭載している。

 自律神経は、内臓器官と血液をコントロールしている神経で、体を緊張させる交感神経と体をゆるめる副交感神経の両方が高いレベルで安定していることが、心と体にとって最も良い状態であるといわれている。自律神経が整うことで、細胞の隅々まで良質な血液が流れ、病気を防いだり、心身の健康や美しさにつながるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]