logo

ユークスとエイベックスが「ARP」で見いだした可能性--ARライブシステムを広く展開へ

佐藤和也 (編集部)2018年08月20日 14時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユークスとエイベックス・エンタテインメントは8月18日、拡張現実(AR)アーティストプロジェクト「ARP」(AR performers)におけるアーティストコンベンションを開催。ARPの取り組みの説明とともに、ARライブシステム「ALiS ZERO」のオープンイノベーション化によるサービス提供など、今後の展開について発表した。

ファンクラブ会員も交えて行われた、AR技術を活用した「ARP」のステージ
ファンクラブ会員も交えて行われた、AR技術を活用した「ARP」のステージ

 ARPは「ラブプラス」シリーズや「ときめきメモリアル Girl's Side」シリーズなどを手掛けたクリエーターとして知られ、現在はユークスに在籍する内田明理氏によるプロジェクト。キャラクターデザイナーやCGクリエイター、ボイスアクター、ダンサーなどが集結し、魅力あるアーティストを構築。ライブでは最新の映像技術を駆使し、リアルタイムで進行するステージを展開。歌やダンスに加え、観客を巻き込んだインタラクティブなトーク、そしてスマートフォンを活用しファンの応援でライブ構成が変化していくという、一期一会の体験ができる参加型次世代ARライブとうたっている。

 プロジェクトを通じて生み出されたパフォーマーを、ARイケメンダンスボーカルグループ「ARP」として展開。メンバーはシンジ、レオン、そして2人組ユニット「レベルクロス」のダイヤとレイジの4人で構成され、主に冬と夏のライブを主体に活動。2018年1月に行われた「ARP 3rd A’LIVE」では2日間で約5400人を動員したという。エイベックスは、ARキャラクターと初めてアーティスト契約を締結しサポート。メジャーデビューも果たしている。

AR技術を活用したイケメンダンスボーカルグループ「ARP」のステージ
ARイケメンダンスボーカルグループ「ARP」の4人

 このARライブを支えるシステムのALiS ZEROは、長年にわたってWWEなどのプロレスゲームを開発し続けているユークスが培った“人間表現”における3DCG技術やノウハウを詰め込んだもの。ARPのステージの舞台裏はこのシステムによって、歌や声を担当するキャスト、体の動きを担当するダンスや演技ができるキャスト、表情などを担当するフェイシャルキャストなどのプロの仕事をシンクロさせ、その場で遅延なくなめらかなリアルタイムCGステージを実現。さらにARに特化した舞台照明や影、パフォーマーの足音のコントロール、観客が映り込む舞台袖のARカメラなど全ての演出を同時に制御。これによって、キャラクターが次元を超えてその舞台に実在しているかのようなステージを作り出すという。

ARカメラによるライブ中のリアルタイム描画により、ステージサイドや後方からの映像を映し出すことも可能に
ARカメラによるライブ中のリアルタイム描画により、ステージサイドや後方からの映像を映し出すことも可能に

 今回、2社の共同プロジェクトとしてALiS ZEROをオープンイノベーション化し、サービス提供を開始する。これによってリアルアーティストのライブ演出はもとより、伝説の人物に目の前で会えるARステージ、VTuberや2次元キャラクターなどのリアルライブや舞台化、企業イベントやスポーツイベントなどさまざまな可能性が考えられるという。

現実の舞台や実写との融合した演出も可能としている
現実の舞台や実写との融合した演出も可能としている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]