logo

LINE、約11億円規模のブロックチェーン関連ファンドを設立

山川晶之 (編集部)2018年08月16日 18時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月16日、グループ会社のUnblock Corprationが、ブロックチェーン・仮想通貨関連スタートアップのエコシステム発展を目的としたトークンベンチャーファンド「unblock ventures Limited」を設立したと発表した。

 同ファンドは、LINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社「LVC株式会社」の傘下に設立。ファンド規模は1000万ドル(約11億円)としており、ブロックチェーン関連のスタートアップ企業に投資するという。​なお、同ファンドによる投資はグローバルを対象とし、各国の規制やルールに従いながら投資対象をその都度検討するという。

 Unblockは、2011年に設立され、2018年4月にLINE傘下となったブロックチェーン企業。ブロックチェーン技術開発のほか、トークンエコノミーの設計を担当している。同ファンドは香港に設立され、Unblockの代表でもあるイ・ヒウ氏がトップを務めるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]