logo

「Tweetbot」新バージョン、ストリーミングなど複数の機能を廃止

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月16日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TapobotsがiOS向け「Tweetbot」アプリの新バージョンをリリースした。Twitterの「User Streams API」が米国時間8月16日に廃止されるのに対応するものだ。

 新バージョンでは、Tweetbotアプリの複数の便利な機能がなくなる。Wi-Fi接続時の瞬時のタイムラインストリーミングは廃止され、タイムラインは1~2分ごとに更新されるようになる。「いいね」、リツイート、フォロー、引用のプッシュ通知はなくなる(今後の復活を模索中)。Tapobotsの「Apple Watch」向けアプリは廃止される。メンションやダイレクトメッセージのプッシュ通知は数分遅れるようになる。

 Twitterは4月、「Talon」、Tweetbot、「Tweetings」「Twitterrific」などサードパーティー製Twitterクライアントの多くが利用する「Site Streams」および「User Streams」APIの廃止を6月から8月に延期すると発表した。延期したのは「新APIに移行するための十分な時間」を開発者に確保してもらうためだとしていた。

 Tapbotsはアプリの説明の中で、「特定の機能の無効化や縮小を余儀なくされた。申し訳ないが、残念ながら当社には全くどうしようもない」としている。

 Twitterrificの開発元であるIconfactoryのリードデザイナー、Gedeon Maheux氏はAPIに関する変更について、残念だが理解できるとコメントした。

 Iconfactoryのブログ記事によると、これらのAPIは16日から段階的に廃止され、23日には完全に廃止されるという。

Twitter
TwitterによるAPIの変更がサードパーティーのTwitter関連アプリに影響している
提供:NurPhoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]