logo

Evernote、10周年の節目--ロゴデザインなどEvernoteブランド刷新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年のEvernoteスタートから10年──。Evernoteは8月14日(米国時間)、ロゴデザインをはじめとした「Evernote」のブランドを刷新したと発表した。これに伴い、コーポレートおよび、アプリのロゴデザインのほか、ウェブサイトなどもリニューアルしている。

新しいロゴデザイン
新しいロゴデザイン

 ロゴのリニューアルにあたっては、既存のロゴを踏襲したものからまったく新しいものまで、あらゆるパターンの案を検討したという。その結果、「Evernote」に関わるすべての人々にとって愛着のある「象のロゴ」をベースに、「前向きさ」「明晰さ」「自信」という3つのメッセージを込めたロゴにしたとしている。

検討段階で挙がったロゴのさまざまなパターン
検討段階で挙がったロゴのさまざまなパターン

 また、これまで大文字のセリフ体の書体「Caecilia」を公式なワードマークとして利用してきたが、今回のロゴのデザインの見直しにより、より力強いグリーンのロゴマークに負けないセリフ体の書体「Publico」に変更。信頼と明確さというEvernoteのDNAとも合致するとしている。

 同社では、2008年6月24日に「すべてを記憶する」をミッションとして、個人やチームがさまざまな情報を記録し、整理し、共有できるサービスEvernoteを開始した。この10年間で「すべてを記憶する」だけでなく、「アイデアを形にする」「共同作業を行う」ことへのニーズが高まってきたため、「Evernote」のミッションも「人々が本当に大切なことに集中できるようサポートする」というものへと変わってきたという。

 ブランド刷新に関する詳細は、Evernote CEOのクリス・オニール氏のブログで紹介している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]