logo

「Yahoo!乗換案内」から自動運転バスのルート検索も--小田急電鉄とヴァル研

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田急電鉄とヴァル研究所は8月14日、神奈川県、小田急電鉄、江ノ島電鉄が実施する自動運転バスの実証実験において、MaaS(Mobility as a Service)のトライアルを実施すると発表した。実施期間は、9月6日から9月16日まで。

 自動運転バスの実証実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」の推進と、小田急グループにおけるバスの自動運転の検証のため、小田急電鉄と江ノ島電鉄が神奈川県と連携し実施する。

 また両社は、ヤフーが提供するスマートフォンアプリ「Yahoo!乗換案内」において、8月14日から9月16日までの期間限定で、自動運転バスの臨時バス停である「小田急ヨットクラブ」を設置。自動運転バスのルート検索・乗車予約へのリンクなどを提供する。

 なお、同アプリ内の小田急線藤沢駅および、片瀬江ノ島駅の駅情報に駅構内図を追加し、バリアフリー経路の案内などを行う。さらに、江の島周辺の駅やバス停を目的地としたルート検索結果画面には、江の島周辺の話題のカフェ情報を掲載。利用者の移動や飲食に役立つ情報を一括して提供するという。


 自動運転バスへの乗車は、8月14日から事前予約制・先着順にて応募(募集人数450名程度、無料)を受け付ける。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]