logo

2020年東京五輪、NECの顔認証システムを採用

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月08日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年の東京オリンピックは、顔認証技術を利用する最初の五輪になることで、テクノロジの記録を塗り替える。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は8月7日、この技術を東京2020大会で、選手、大会関係者、スタッフ、報道陣の本人確認に利用することを明らかにした。試合会場に足を運ぶ観客の本人確認には利用されない。

 委員会は発表の中で、この技術を利用する目的はセキュリティを強化し、許可された人物の入場を迅速化することだとしている。顔認証システムは日本電気(NEC)が開発している。同社は承認された人物の顔画像を事前に収集し、データベースに保存して、入場ゲートで照合する。

提供:The Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games
提供:The Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games

 五輪では新技術が採用されることが多い。韓国の平昌で開催された冬季五輪では、現代自動車の燃料電池式SUV(スポーツ用多目的車)「NEXO」を利用し、江陵市と平昌市周辺で観客の送迎にあたった。スキー選手らも、衝撃から身を守るために自動で膨らむエアバッグを利用した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]