logo

Facebook、「Messenger」で銀行口座をチェックできる機能を検討か

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月07日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Facebookはインスタントメッセージプラットフォーム「Messenger」で銀行口座をチェックできる機能を検討しているという。

 The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間8月6日に報じたところによると、ソーシャルネットワークのFacebookは、米国の複数の銀行に対し、顧客のカード取引や残高といったデータの共有を持ちかけているという。

 この記事によれば、Facebookは2017年から、Chase Bank、Wells Fargo、Citigroup、U.S. Bancorpに対し、詐欺の警告や残高の確認といった新しい機能をMessengerで提供する話を持ちかけているという。Facebookの狙いは、Eコマース分野で存在感を高めることだとWSJは報じている。FacebookがMessengerで個人間送金(P2P決済)を可能にしたのは2015年のことで、それ以来、PayPalなどの決済オプションを追加している。

 ただし、ある大手銀行は、プライバシーに関する懸念を理由に、この協議から離脱したということだ。

 Facebookの広報担当者は、電子メールで寄せた声明で次のように述べている。「われわれは、商取引を手がける多くのオンライン企業と同じく、銀行やクレジット会社と提携して、顧客とのチャットや口座の管理といったサービスを提供している。口座とのリンクにより、ユーザーはFacebook Messengerで最新情報をリアルタイムで受け取り、残高、受領、出荷状況などの取引データを追跡できるようになる」

 「要するに、銀行に電話をかけて待たされるより、銀行とメッセージをやり取りできるほうがいいということだ。しかも、(この機能は)オプトイン方式なのだ。われわれがこの情報を、そうした機能を実現する以外の目的で、つまり広告やその他の目的に使うことはない」(同広報担当者)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]