logo

スマートスピーカのSonosがNASDAQに上場--1株あたり15ドルで目標には届かず

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月03日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルチルームオーディオスピーカを手がけるSonosの幹部らは、もう何年も筆者と会うたび、決まって非公開企業のままでいたいとの希望を口にしていた。それがこのほど、Sonosは正式に新規株式公開(IPO)を実施し、米国時間8月2日午前、ニューヨークのNASDAQ証券取引所で取引開始の鐘を鳴らした。

提供:Screenshot by David Carnoy/CNET
提供:Screenshot by David Carnoy/CNET

 カリフォルニア州サンタバーバラに拠点を置くSonosは、IPOにより1株あたり15ドルで約560万株を売却し、投資会社Kohlberg Kravis Roberts & Co.をはじめとする既存のSonos株主も、さらに830万株を売却したと発表した。Sonosは1株あたり17~19ドルの価格レンジを目指していたが、それには届かなかった。

 1株あたり15ドルで1390万株を売却することで、Sonosは約2億800万ドル(約232億3000万円)を調達することになり、評価額は約150万ドル(約1億6750万円)になる。Sonos株はNASDAQで「SONO」というティッカーシンボルで取り引きされている。

 Sonosは2002年に創業したが、当時はマルチルームオーディオ分野でさほど大きな競争にさらされていなかった。しかし、AmazonやGoogle、Appleといった大手が成長著しいコネクテッドホームオーディオ市場に参入してきたことから、Sonosはそうした企業に対抗するために、さらなる資金を必要とするようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]