logo

住信SBIネット銀行、レンディングサービスを改訂--借入条件を毎月通知、書類も不要に

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2018年08月02日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住信SBIネット銀行は8月1日、トランザクションレンディングサービス「レンディング・ワン」において、レコメンド型トランザクションレンディングにリニューアルしたと発表した。

 同行では、レンディング・ワンの取扱いを2018年1月より開始しているが、借入条件の確定において、顧客が直近の決算書を準備する必要があったという。中小企業の借入をさらに簡便化すべく、レコメンド型のトランザクションレンディングに商品性を改定したたとしている。



 改訂内容については、法人口座の利用状況に応じて、借入条件(借入可能額および借入利率)を毎月通知。決算書などの書類準備や面談は不要で、借入手続きもネットで完結し、最短当日での借入れが可能となった。

 これにより、日々の取引データを元に金融機関からネット上で借入条件の連絡が受けとれ、従来の融資形態でありがちな「借入審査の為の書類準備」や「借入審査の結果が出る期間が不明瞭」といった問題点を解決できるという。借入条件は、同行のウェブサイトには確認できる。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]