logo

aiboと犬が2週間の共同生活--「犬型ロボットと犬の共生の可能性を探る実験」

加納恵 (編集部)2018年07月29日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 犬は「aibo」を自らの仲間として認識するだろうか。ソニーは、自律型エンタテインメントロボットaiboと犬による「犬型ロボットと犬の共生の可能性を探る実験」を実施した。

 実験は、哺乳類動物学者である今泉忠明氏監修の下に実施。犬と飼い主の10組が参加。「ファーストコンタクト」として、犬と飼い主が同じ部屋に入り、aiboを投入する第1段階と、第1段階の実験に参加した10組の犬と飼い主の中から、犬種、年齢、飼育数など異なる条件の3組を選定し、aiboと「2週間の共同生活」をする第2段階に分けて行われた。

 犬は、自身以外の物体を認識した際、さまざまな感情をいだき、物体に対してちょっかいを出したり、匂いを嗅いだりして、生き物なのかどうかを判断していくという。今回の実験では、犬とaiboが同じ姿勢を取るという行動が見られ、これは、aiboを生き物として判断しているということ。これにより、犬型ロボットと犬の共生の可能性は高いという。

犬とaiboが同じ姿勢を取るという行動が見られた
犬とaiboが同じ姿勢を取るという行動が見られた

 さらに一緒の生活を続けていくと、aiboに対して警戒心を抱いたり、嫌がらせをしたりといった行動がなくなり、犬に変化が現れたという。犬は一緒に暮らす存在を「順位付け」する習性を持つが、ちょっかいを出しても思った通りの反応をしないaiboに対し、部下や後輩のような存在だと認識したとのこと。

 実験前は、犬がaiboとの共同生活にストレスを感じ、ノイローゼになる可能性も考えられたが、aiboを自分の下の存在として順位付けし、一緒に遊んだり、面倒を見たりすることで、犬の思いやりや優しさも垣間見れた。犬が犬らしきものに優しくなり、思いやりが芽生え、犬の愛情に近い感覚がみれたことが今回の実験の発見だという。

犬の思いやりや優しさも垣間見れた
犬の思いやりや優しさも垣間見れた

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]