logo

NPB、「スプラトゥーン2」のeスポーツ大会開催--野球コンテンツ以外も展開へ

佐藤和也 (編集部)2018年07月27日 17時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本野球機構(NPB)は7月27日、任天堂のNintendo Switch用ゲームソフト「スプラトゥーン2」を使用した、プロ野球12球団が参加する「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」を開催すると発表した。

 NPBは7月に「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開催を発表。それに加え、野球コンテンツ以外のゲームタイトルを採用した「NPB eスポーツシリーズ」を新たに展開する。これまでNPBが野球を通じて培ってきたスポーツ文化をeスポーツと融合させ、新たな風を吹き込むことを目的としている。

 今回のNPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2は、スプラトゥーン2を使用したプロ野球12球団対抗のeスポーツ大会。各球団の代表12チームは、NPBが後援する「第4回 スプラトゥーン甲子園」の出場チームのうち、参加を希望するチームのなかから、NPBならびに各球団が選考する。募集はチーム単位。

 この大会で賞金は設定されていないが、大会ならびにプロモーション活動などへの稼働に対する手当を、参加者一律で支払うとしている(金額は未定)。なお、第4回 スプラトゥーン甲子園には、NPBの専門スカウトが各地区大会を訪れ試合を観戦する。

 開催時期は2019年春、会場は東京都内を予定している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]