logo
企業決算

インテル、第2四半期決算を発表--すべての事業部門が売上高増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年07月27日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間7月26日、2018会計年度第2四半期(6月30日締め)を発表した。前最高経営責任者(CEO)のBrian Krzanich氏が6月に辞任して以降、初の四半期決算となる。

 純利益は50億ドル(1株当たり1.05ドル)だった。また、売上高は前年同期比15%増の170億ドル、非GAAPベースの利益は1株当たり1.04ドルだった。

 アナリストらは売上高168億ドル、1株当たり利益96セントと予測していた。

 全体的に見て、同社の事業部門はいずれも売上高が伸びた。データセンターグループの売上高は前年同期比27%増の55億5000万ドルだった。また、IoTグループの売上高は前年同期比22%増の8億8000万ドルだった。

 同社によると、これらのグループを含むデータ中心事業は総売上高の50%に近づきつつあるという。ただ、データセンターグループの売上高はアナリストらの予想をわずかながら下回った。

 クライアントコンピューティンググループの売上高は前年同期比6%増の87億3000万ドルとなり、アナリストらの予想である84億8000万ドルを上回った。

Intel Q2 2018

 同社の最高財務責任者(CFO)兼暫定CEOを務めるBob Swan氏は発表で、3年連続で売上高が前年を上回る見込みだと述べた。同社は2018会計年度通期のガイダンスを引き上げ、売上高を695億ドル、1株当たり利益を4.15ドル(非GAAPベース)とした。

 Intelの予測では、第3四半期は売上高181億ドル、1株当たり利益1.15ドルとなる見込み。これに対し、アナリストらの予測は売上高177億ドル、1株当たり利益1.08ドルとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]