logo

大リーグのチケットが紙から指紋へ--指紋認証による入場システムを順次導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生体認証技術のCLEARは、Major League Baseball(MLB)と提携し、指紋認証対応の入場管理システムを各野球場へ提供すると発表した。このシステムが導入される球場では、紙のチケットやスマートフォンのチケットアプリなどを使わず、来場者が指をスキャンするだけで入場可能となる。

大リーグのチケットが紙から指紋へ(出典:CLEAR)
大リーグのチケットが紙から指紋へ(出典:CLEAR)

 このシステムは、MLBの100%子会社でオンラインチケット販売事業を手がけるTickets.comのAPIを利用して実現する。CLEARユーザーが自分のプロファイルと「MLB.com」用アカウントを連携させると、野球場のゲートで指紋認証して入場できる。今後、指紋認証に加え、顔認証にも対応する予定。

入場がスムーズになる(出典:CLEAR)
入場がスムーズになる(出典:CLEAR)

 さらに、ワシントン州では生体認証対応の販売店についての営業許可を取得し、食べ物や飲み物の代金支払い、ビールといった商品の販売時における年齢確認を、指紋認証などで済ませられるようにする計画もあるという。

 指紋による入場管理システムは、今シーズン後半よりMLBの一部球場で試験的に運用する。2019年からは、Tickets.com対応の野球場へ順次導入していく。

対応球場を順次増やしていく(出典:CLEAR)
対応球場を順次増やしていく(出典:CLEAR)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]