logo

ソフトバンク、IoTビジネスを支援する「パートナープログラム」を約140社と開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは7月18日、さまざまなIoTビジネスの領域におけるパートナー企業の技術支援やビジネスマッチングを行うことで、IoTビジネスを総合的に支援する「パートナープログラム」を、約140社のパートナー企業と開始すると発表した。

 同プログラムでは、法人のニーズに応じて、IoTにおけるデバイス、SI(システムインテグレーション)、アプリケーションの各領域で最も適したパートナー企業をソフトバンクがマッチングし、そこから生まれたIoTソリューションを提供する。

「パートナープログラム」
「パートナープログラム」のイメージ

 また、デバイスやモジュールを共同開発する「デバイスパートナー」、顧客が必要とするIoTテクノロジを構築して提供する「インテグレーションパートナー」、IoTデバイスで計測・数値化したデータを解析するアルゴリズムなどで協力する「データマイニングパートナー」、アプリケーションを共同開発する「アプリケーションパートナー」、各テーマにおけるビジョンを達成するために協業する「協業パートナー」という5つのパートナーを用意した。

 各パートナー企業は、これまで単独ではサービスやデバイスを提供できなかった顧客にもリーチできるようになり、IoTビジネスの拡大が期待できるようになるとしている。同社では、さらに参加希望のパートナー企業を募集することでプログラムの拡大を推進するという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]