logo

ディープコア、AI特化型インキュベーション施設オープンへ--WeWorkとコラボ

加納恵 (編集部)2018年07月18日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AIに特化したインキューベーターであるディープコアは7月18日、インキュベーション施設「KERNEL HONGO」を8月に本格オープンすると発表した。シェアオフィスを手がけるWeWorkとのコラボレーション施設になる。

「KERNEL HONGO」
「KERNEL HONGO」

 KERNEL HONGOは、AIテクノロジに特化したコミュニティ運営やAIスタートアップの支援をするインキュベーション施設。2018年5月からのプレオープンしている。

 公募で選ばれたAI技術者や研究者、AI応用分野人材などが利用でき、初期メンバーは約80人。オフィスデザインはWeWorkが手がけ、24時間いつでも利用できるほか、チームでのコラボレーション作業、個人での集中作業のほか、イベント、ほかのメンバーと交流できるスペースを用意している。

 施設内では、NVIDIAのサポートにより、AIコンピューティングリソースが利用できるほか、技術コンサルティング、Deep Learning Institute(DLI)の参加、Inception Programへの推薦を含む包括的なサポートを受けられる。

 KERNEL HONGOは、WeWorkが持つオフィスデザインやテクノロジなどを企業向けに提供する「Powered by We」の第1号案件となる。導入する企業は、Powered By Weのセンサを使った空間の観察などを含めたテクノロジソリューションによりソフトとハード両面で、働く空間がどのように使われているかを学べるとしている。

 ディープコアは、ソフトバンクグループが100%出資する子会社。WeWorkは、2017年7月に、ソフトバンクとの合弁会社としてWeWork Japanを設立している。

WeWorkが持つオフィスデザインやテクノロジなどを企業向けに提供する「Powered by We」の第1号案件になる
WeWorkが持つオフィスデザインやテクノロジなどを企業向けに提供する「Powered by We」の第1号案件になる

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]