logo

除草剤を雑草だけに散布する農業ロボット「See & Spray」--深層学習で作物と区別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 農業向け技術を手がける米国企業Blue River Technologyは、畑の雑草にだけ除草剤を散布するシステム「See & Spray」を開発した。除草剤の散布量を10分の1程度に減らせるうえ、除草剤に耐性のある雑草の増加抑止にもつながるとしている。

畑の雑草にだけ除草剤を散布する(出典:Blue River Technology)
畑の雑草にだけ除草剤を散布する(出典:Blue River Technology)

 See & Sprayは、トラクターに装着して移動しながら作物の植えられた畑を撮影し、ディープラーニング(深層学習)で作物と雑草を区別する。そして、1インチ(約2.5cm)未満の精度で雑草だけを狙って除草剤を噴射できる。

作物と雑草を区別して、ピンポイントで散布(出典:Blue River Technology)
作物と雑草を区別して、ピンポイントで散布(出典:Blue River Technology)

 処理時の移動速度は時速6マイルから8マイル(およそ時速9.7kmから12.9km)で、1人で操作可能。綿花(コットン)畑で使う場合、1回の移動で8列から12列へ散布できる。対応可能な綿花のサイズは、最大12インチ(約30cm)。

 畑全体でなく雑草だけに除草剤を散布するため、除草剤の使用量を約90%減らせるという。これは、コスト削減だけでなく、除草剤の大量使用による耐性雑草の増加抑制にもつながる。

 現在Blue River Technologyは、米国内でSee & Sprayの提供を始めたところ。綿花農場の雑草対策と、レタス畑の間引きに利用しているそうだ。

 なお、現在1年間に世界で使われる除草剤の量は30億ポンド(約136万トン)におよび、250億ドル(約2兆8060億円)のコストがかかっているという。しかも、除草剤に耐性のある雑草は世界に250種類存在し、除草剤による畑のコントロールが難しくなっている。

世界に広まるスーパー雑草(出典:Blue River Technology)
世界に広まるスーパー雑草(出典:Blue River Technology)

See & Sprayの紹介ビデオ(出典:Blue River Technology/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]