logo

中国のシャオミが上場、厳しい滑り出しに

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月10日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の電子機器メーカーである小米(シャオミ)が香港証券取引所に現地時間7月9日午前、株式上場した。株価は一時、公開価格を6%近く下回った。

提供:Philip Fong / AFP/Getty Images
最高経営責任者(CEO)のLei Jun氏(中央)、シニアバイスプレジデントのLi Wanqiang氏(写真左)、社長のLin Bin氏
提供:Philip Fong / AFP/Getty Images

 IPOを果たしたシャオミの初値は、公開価格を2%以上下回り、一時は株価が5.88%下回る場面もあった。

 株式の公開価格は17香港ドル(約240円)だったが、一時は16香港ドルまで下落し、16.80香港ドルで取り引きを終了したと、Reutersは報じている

 厳しい上場となったXiaomi。一方で、Reutersによると香港の主要な株価指数は1.3%上昇したという。

 「短期的な株価は、主に市場の状態に左右されると私は考えている。われわれは、当社事業の長期的な成長に注力していく」とXiaomiの社長で共同創設者のLin Bin氏は9日、CNBCに語った

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]