logo

ナーブ、VRコンテンツを自分の手で触って選択できる新操作方法「MSSシステム」を開発

加納恵 (編集部)2018年07月10日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナーブは7月9日、VRコンテンツを直感的に操作できる「MSSシステム」を開発したと発表した。VRゴーグルを覗いて、手をかざすとVR空間に自分の手が見える。

VRゴーグルを覗いて、手をかざすと
VRゴーグルを覗いて、手をかざすと
VR空間に自分の手が見える
VR空間に自分の手が見える

 MSSシステムは、NTTドコモの「空間インターフェース」技術を活用した新システム。これまで、VRコンテンツを操作するには、コントローラやセンサなどを使ったり、VR空間内で特定の場所を見続ける「視点操作」といった独特なインターフェースが必要だったが、MSSシステムは、VRゴーグルを装着した状態で自分の腕や手を前方に動かすと、目の前に自分の腕や手が現れ、VR内のボタンやメニューを自分の手で直接触って選択できる。

自分の手がVR空間に現れる仕組み
自分の手がVR空間に現れる仕組み

 これにより、特定の動作やパターンを覚える必要がなく、誰もが、すぐに、自由に操作できるようになるという。

 MSSシステムに対応した第1弾コンテンツとして、「JAL工場見学 SKY MUSEUM」にて整備士体験コンテンツを7月11日に公開する予定。従来型の技術では説明員が見学者に、VRゴーグル内で見えているコンテンツの操作を説明することが難しいため、VRコンテンツの提供が難しかったが、MSSシステムを導入することで、見学者はVR機器を操作するという感覚はなく、自然な感覚でVRコンテンツを楽しめるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]