logo

食事記録を手軽に--ダイエットアプリ「カロミル」、食事画像解析AIで5200品目を識別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライフログテクノロジーは7月6日、同社が運営するヘルスケア アプリ「カロミル」において自社開発の食事画像解析AIを活用し、識別できる料理品目が約5200品目になったと発表した。これにより、食事を解析できる一般料理のカバー率が90%を超えたという。

 カロミルは、2015年12月より提供している、食事や運動の記録・管理に対応したヘルスケアアプリ。2017年8月に開始した食事画像解析AIでは、一般料理を中心に約1000品目を識別できていたが、大手飲食チェーンやメーカー商品の食事画像データを機械学習することにより、約5000品目の食べ物を識別できるようになり、食事解析AI精度が向上した。

 加えて、今回の研究開発にて、品目数をシステマティックに増やせる開発ラインを構築。今後は1〜2カ月の短期的に識別品目数を1000単位で増やせる見込みだという。今秋には、1万品目を達成する予定。

 なお、精度向上については、カロミルのLINEアカウント(@calomeal)に食事画像を送ることで、識別された品目名および、糖質・脂質などの7栄養成分値が返信され、機能が試せるという。

アプリ「カロミル」
アプリ「カロミル」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]