logo

家でもプロジェクションマッピングが楽しめる「Lightform LF1」--投影先を自動解析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lightformは、一般的なプロジェクターと組み合わせてプロジェクションマッピングできるシステム「Lightform LF1」をリリースした。第一弾の早期出荷は完了しており、現在は11月出荷予定分の購入予約を受付中。

家庭でもプロジェクションマッピングが楽しめる(出典:Lightform)
家庭でもプロジェクションマッピングが楽しめる(出典:Lightform)

 LF1は、家庭や職場などで使われるプロジェクターに取り付け、HDMIケーブルで接続すると、実在する物の位置に合わせた映像をプロジェクターに投影させるシステム。つまり、目の前にある物へ拡張現実(AR)効果を付与するプロジェクションマッピングが、家庭などでも簡単に楽しめる。アートイベントやパーティのほか、物と連携して映像が変わるデジタルサイネージ、レストランの壁に投影するメニューなど、多彩な活用が考えられる。

多彩な活用が考えられる(出典:Lightform)
多彩な活用が考えられる(出典:Lightform)

 システムは、LF1本体と、映像制作用ソフト「Lightform Creator」で構成。これにWindows PCまたはMac、プロジェクターを組み合わせて使う。LF1本体は、投影する場所をカメラでとらえて解析し、さらに深度情報も取得する。そして、Lightform Creatorにその情報を伝え、Lightform Creatorで生成した映像をプロジェクタから投影する。

LF1本体とLightform Creatorで構成(出典:Lightform)
LF1本体とLightform Creatorで構成(出典:Lightform)

 Lightform Creatorは、CG描画ツールのように操作して、AR効果を付与できる。さまざまなエフェクトやビデオも用意されていて、ライブラリから選ぶだけで使えそうだ。

直感的に使えるLightform Creator(出典:Lightform)


 予約受付中なのは、LF1とLightform Creatorのみの基本セットと、「LF1 Starter Kit」の2種類。基本セットは699ドル(約7万8000円)で、米国とカナダ、欧州の一部地域から購入可能。LF1 Starter Kitは、LF1とLightform Creatorに加え、セイコーエプソン製プロジェクター、三脚、取り付け用プレート、赤外線リモコン用ケーブルが付属する。1499ドル(約16万6000円)で、米国限定のセット。

プロジェクターや三脚が付属するLF1 Starter Kit(出典:Lightform)
プロジェクターや三脚が付属するLF1 Starter Kit(出典:Lightform)

LF1の紹介ビデオ(出典:Lightform/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]