logo

LINE、アイテムの写真から似た商品を探せる「ショッピングレンズ」--決済新機能も

山川晶之 (編集部)2018年06月28日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月28日、年に一度の大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2018」を開催した。LINE CONFERENCEでは、複数の新サービスとともに、LINEが向かう今後の方向性などを発表する。

キャプション
「ショッピングレンズ」
キャプション

 LINEでは、EC事業として「LINEショッピング」を展開している。各種ECサイトへのゲートウェイとして、ファッション、インテリア、雑貨、コスメなど230のブランドがLINEショッピングに参加。会員登録数は2000万人を突破。月間アクティブユーザー数も1000万人を超えたという。また、直近の取扱高は、年間1000億円を達成する見込みだという。

 LINEショッピングの検索機能を強化するため、写真や画像に写ってあるアイテムと似た商品を検索する「ショッピングレンズ」機能を発表した。その場で撮影した気になるアイテムのほか、スマートフォンに保存した画像をアップロードすると、機械学習ベースの画像解析技術で、LINEショッピングで展開する6000万点以上のアイテムの中から近い商品を検索できる。

 また、LINEショッピングの決済手段は各種ECサイトによって異なっていたが、今回、EC事業者側が、LINEのウォレットサービス「LINE Pay」を手軽に導入できる「LINE Pay for ID Payments」を発表。EC側の導入により、ユーザーはLINE Payで決済でき、LINEポイントがたまったり、買い物に使えるようになるという。

キャプション
EC事業者側がLINE Payを使えるようにする「LINE Pay for ID Payments」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]