logo

ソフトバンク、犬山市とICTの活用に向けた調査・研究のための連携協定を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月27日、愛知県犬山市とICTの活用による市民サービスの向上や業務の効率化を図るため、「ICTの活用に向けた調査・研究のための連携協定」を締結したと発表した。

 同協定は、Robotic Process Automation(RPA)を活用した業務効率化、IoTやAI(人工知能)を活用した新たなまちづくりを連携して行うことで、市民サービスの向上に寄与することを目的としている。

 なお、具体的な連携事項は、(1)RPAを活用した事務効率化の調査・研究に関すること、(2)IoTを活用した犬山城およびその他の文化財の保存・活用に関すること、(3)小・中学校におけるプログラミング教育に関すること、(4)ワンストップ窓口サービスの充実・推進に関すること、(5)その他両者が協議し合意したこと、(6)前各号に係る情報発信に関することの6つだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]