logo

手の形を識別するウェアラブルデバイス「FingerPing」--手話の読み取りなどに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョージア工科大学の研究チームは、手指で作るポーズを識別可能なウェアラブルシステム「FingerPing」を開発した。手袋のような手全体を覆うデバイスでなく、手の親指と手首に計測用バンドを装着するだけで使える。

手指で作るポーズを識別可能なウェアラブルシステム(出典:ジョージア工科大学)
手指で作るポーズを識別可能なウェアラブルシステム(出典:ジョージア工科大学)

 FingerPingは、手と指で作るポーズの識別に、指から手首へと伝わる音波を利用する。親指に巻いたリングから音波を出し、それを手首側のリングで受け取るのだが、ポーズによって音の伝わり方が変わるため、受信した音波を解析することでポーズを区別できるという。

 研究チームが実際に稼働するシステムを作って試したところ、1から10までの数字を示すアメリカ手話(ASL)のサインを含め、22種類のポーズを識別することに成功。各ポーズをゲーム機やPC、スマートフォンの操作と連携させれば、手の簡単な動きで各種デバイスを扱えるとしている。

FingerPingの紹介ビデオ(出典:米計算機学会/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]