logo

mellow、世界のMaaSカオスマップを公開--日本企業の掲載はわずか

西中悠基 (編集部)2018年06月19日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モビリティサービス・プラットフォームを運営するmellowは6月18日、MaaS(Mobility as a Service)市場を可視化する「MaaSカオスマップ(2018最新版)」を公開した。

MaaSカオスマップ(2018最新版)
MaaSカオスマップ(2018最新版)

 カオスマップでは、世界のMaaS関連スタートアップを中心に、8業種から計115社を掲載。インドネシアの配車サービス「Go-Jek」や米国の自動運転車開発企業「Waymo」、日本の駐車場シェアリングサービス「akippa」などが名を連ねる。

 カオスマップについて、調査担当のNihei氏は、「日本がMaaSの分野で世界との差が広がっていることを実感する。グローバルの戦いに日本企業の名前はほとんど出ておらず、日本のMaaS市場はまだまだ初期フェーズであると実感させられた」とコメントした。

 また、mellow代表取締役の柏谷氏は、「移動による経済性を活用したサービスが、価値創造に貢献することは疑いようがない」とし、「このカオスマップをきっかけに、移動をテコにした課題解決という観点が広がり、日本中の事業家によって新たなサービスが生み出されることを期待する」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]