logo

Waymoの自動運転車、信号無視の車に衝突される

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月19日 08時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Waymoの車両が再び衝突事故に見舞われた。前回同様、赤信号を無視した相手側の車両に非がある。

 Waymoの自動運転開発車両の1台(おそらく「Chrysler Pacifica」)が米国時間6月16日夜、複数の自動車がからむ衝突事故に巻き込まれた。何らかの要因で正常な運転ができていなかったとされるドライバーが、メサ市のカントリークラブドライブとサザンアベニューの交差点で赤信号を無視し、Waymoの車両に衝突した。その後、そのまま前進して他の3台の車両に衝突した。信号無視のドライバーは、駆け付けた警察官によって逮捕された。

  Mesa Fire and Medical DepartmentはAZCentralに対し、Waymoの車両は衝突時、自動運転モードで走行していなかったと述べた。Waymoは米CNET宛てに、同署の声明を電子メールで提供した。

 今回の事故は、Waymoのバンが5月にアリゾナ州チャンドラーで遭遇した事故に似ている。その事故では、対抗車両が別の車両を避けようとしてレーンをはみ出し、自動運転モードで走行していたWaymoのバンに接触した。Waymo側に過失はなかったと判断された。

 Uberが開発した車両が自動運転モードで走行中に歩行者をはねて死亡させた事故の後、自動運転車が関与する衝突事故に対する目はますます厳しくなっている。米国家運輸安全委員会(NTSB)の暫定報告書では、Uberの車両は、事前に停止して致命的な衝突を回避できたはずなのに、システムは人間の関与なしで自動的にそれを行うように設定されていなかったと指摘された。Uberはその後、アリゾナ州での自動運転試験を中止しており、ペンシルベニア州における同様の取り組みに注力するとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]