logo

「Windows 10 April 2018 Update」、過去最速のロールアウトにAIが貢献

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年06月18日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Windows 10 April 2018 Update」が稼働する端末が2億5000万台を超えたと米国時間6月14日に発表した。一部のユーザーの間でアップグレードに関する問題が発生したものの、同社はAIのおかげで、記録的な速さのロールアウトを責任を持って実行できたと述べている。

 2015年の「Windows 10」の提供開始以降、April 2018 Updateは最も短時間で2億5000万台のデバイスにインストールされたバージョンだという。

 つまり、Windows 10 April 2018 Updateは現在、何らかのWindows 10バージョンを搭載する約7億台の月間アクティブデバイスの約36%で実行されていることになる。

 これは、AdDuplexが5月に50%と報告した普及率よりはるかに少ない。だが、April 2018 Updateは「これまでで最も高速に普及しているWindows 10アップデートである」というAdDuplexの主張は正しかった。

 Microsoftによると、2億5000万台の大台は、前回の機能アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の「半分以下の時間」で達成されたという。

Microsoft
Microsoftによると、カスタマーサポートへの問い合わせは減少傾向にあるという
提供:Microsoft

 一般に短時間での普及は良い兆候だが、AdDuplexの調査結果への反応は肯定的なものばかりではなかった。強い影響力を持つ「Windows」ウォッチャーのPaul Thurrott氏は、ユーザーがアップデート後またはアップデート中に遭遇したさまざまな障害は同氏の予想より「無責任なほどひどい」と述べた。これらの障害は、「Google Chrome」や、Avastのアンチウイルスソフトウェア、Intelの一部のSSDを搭載するマシン、Dellの「Alienware」シリーズPCのユーザーに影響を及ぼした。

 しかし、Microsoftによると、テレメトリデータと人工知能(AI)の組み合わせにより、実際にはこのアップデートは「安全かつ高速」なものになっており、同社は早い時期での問題特定と障害の影響を受けるハードウェアへのアップデートのブロックに成功したという。MicrosoftはこのアップデートでクラッシュしたAlienwareデバイスとIntelのSSDに関して、そうした措置を実施した。

 Microsoftは、AIとテレメトリが見逃した問題にも対処した。例えば、AvastユーザーがApril 2018 Updateへの移行時に遭遇したブラックスクリーンと再起動の問題などだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]