logo

JR東日本、青森駅に券売機案内ロボットを導入

西中悠基 (編集部)2018年06月07日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は6月7日、青森駅に券売機案内用のコミュニケーションロボットを導入したと発表した。

 案内ロボットは、青森駅構内の「みどりの窓口」内に設置。「指定席券売機」のサービスや、同社の列車予約サービス「えきねっと」で予約した切符の受け取りなどを案内する。ロボットは、NTT東日本の「ギガらくWi-Fi」と、クラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」を活用したコミュニケーションロボットを採用する。

導入するコミュニケーションロボット
導入するコミュニケーションロボット

 ロボットは6月7日よりサービスを開始。指定席券売機が利用できる5時20分から22時30分まで案内サービスを提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]