logo

ソニー、24~200mmズームを搭載した「RX100 VI」--暗所や望遠でも高画質

加納恵 (編集部)2018年06月06日 14時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月6日、RX100シリーズに広角から望遠までをカバーする24~200mmのズームレンズを搭載した「Cyber-shot DSC-RX100M6」(RX100 VI)を発表した。世界最速0.03秒の高速AFを備える。発売は6月22日。想定税別価格は14万円前後。

「サイバーショット DSC-RX100M6」(RX100 VI)
「サイバーショット DSC-RX100M6」(RX100 VI)

 RX100 VIは、新開発の「ZEISS Vario-Sonnar (バリオ・ゾナー) T* 24-200mm F2.8-4.5」の高倍率ズームレンズを搭載。12群15枚のレンズを有しながらも、8枚の非球面レンズを配置し、RX100シリーズのボディサイズに収まる小型化を実現。画像処理アルゴリズムにより、望遠や暗所でも手ブレを抑えた高画質撮影をサポートする。

 イメージセンサの撮像エリア約65%をカバーする範囲に、315点の像面位相差検出AFセンサを配置。高密度AF追従テクノロジをRX100シリーズとして初めて搭載することで、動体の追従性能も大幅に向上した。

 総画素2100万の1.0型 Exmor RS CMOSセンサを搭載し全画素読み出しによる高解像度4K動画の本体内記録と、HLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影に対応する。

 サイズは高さ58.1mm×101.6mm×奥行き42.8mmで、重量約301g。3.0型のエクストラファイン液晶モニタは、上方向180度、下方向90度まで角度の調整が可能だ。

3.0型のエクストラファイン液晶モニタを装備
3.0型のエクストラファイン液晶モニタを装備
24~200mmのズームレンズを備える
24~200mmのズームレンズを備える

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]