logo

シャープ、東芝のPC事業を買収--「グループの企業価値向上に」

坂本純子 (編集部)2018年06月05日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月5日、同日開催した取締役会において、東芝の100%子会社である東芝クライアントソリューション(TCS)の株式のうち80.1%を約40億円で取得し、子会社化することについて決議したと発表した。

 TCSは、東芝グループにおいてPC事業などを展開している。シャープはPC事業に加え、モバイルエッジコンピューティング事業、ドライブレコーダ事業について、商品、ブランド、人材、技術、販売チャネルなどを承継するという。シャープが得意とするディスプレイ事業などとの連携を通じて相互の成長を追求する考えだ。

 具体的には、TCSが有する最先端の商品・サービスにシャープのディスプレイや各種センサといった先端技術・デバイスを融合。COCORO+サービスを始めとするAIoTプラットフォームと連携することにより、付加価値を高めることでスマート化を推進し、グローバル市場で競争力のあるものにしていくという。

 シャープは、「新経営体制の下で培った経営能力・管理能力を発揮し、事業承継を必ずグループの企業価値向上に結び付けていく」と表明している。

 なお、かつてシャープは「メビウス」ブランドでPCを製造しており、2009年にリリースしたPCを最後に、PC事業から撤退している。

シャープはかつて、メビウスブランドのPCを製造していた
シャープはかつて、メビウスブランドのPCを製造していた

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]