logo

フォントの形を変えて情報を隠ぺいする技術「FontCode」--文字は文字に隠せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロンビア大学の研究チームは、テキスト情報を密かに保存する手段として、情報隠ぺい技術(ステガノグラフィ)「FontCode」を開発した。何らかの物を人目につかなくしたい場合、“木は森に隠せ”などと言われるが、同チームの考案した技術は“文字を文字に隠す”手法である。

テキスト情報をフォントの形状変化に埋め込む(出典:コロンビア大学/YouTube)
テキスト情報をフォントの形状変化に埋め込む(出典:コロンビア大学/YouTube)

 FontCodeは、任意の文章を利用し、その文章を構成するフォントの形状を微妙に変えることで別の情報を文章内に埋め込む技術。フォントの形状変化はわずかで、元文章の内容は改変されないため、見ただけでは情報が隠されていることなど分からないという。

 隠したい情報は、ASCIIまたはUnicodeでビット列に変換し、さらに整数情報へと変換する。そして、この整数値を利用してフォントの形を変えることで、情報を埋め込む。隠ぺいした情報は、変形済みの文章をスキャナやスマートフォンのカメラで画像として取得し、フォント本来の形状と比較すれば取り出せる。ビット列化が可能な情報であれば、FontCodeを使って隠ぺい可能だ。

FontCodeの仕組み(出典:コロンビア大学)
FontCodeの仕組み(出典:コロンビア大学)
スマホのカメラでデコード可能(出典:コロンビア大学/YouTube)
スマホのカメラでデコード可能(出典:コロンビア大学/YouTube)

 研究チームは、FontCodeがタイムズローマンやヘルベチカ、カリブリといった一般的なフォントで機能することを確認。また、フォントの形さえ表現できれば情報伝達メディアの種類は自由で、ピクセル画像、ベクトルグラフィックス、印刷などで情報を伝えられる。ただし、隠ぺい可能な情報の量は、変形を施す元文章の長さで制限される。

 さまざまな用途への活用が考えられ、例としてテキスト、メタデータ、URL、デジタル署名、暗号化済み情報などが挙げられた。

FontCodeの紹介ビデオ(出典:コロンビア大学/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]