logo

「macOS 10.14」にダークモードや「News」アプリ?--WWDC開幕控え情報流出か

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月04日 08時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェアプログラマーのSteve Troughton-Smith氏は米国時間6月2日、「macOS 10.14」で実行しているAppleの開発ツール「Xcode」を示す同社の社内動画を発見したとツイートした。macOS 10.14は、4日に開幕する年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC) 2018」での発表が期待されているmacOSの次期バージョンだ。

 Troughton-Smith氏が投稿したスクリーンショットからは、macOS 10.14に、ユーザーインターフェースを暗闇のような色調で表示できるフルダークモードが搭載されている可能性がうかがえる。macOSでは現在、「システム環境設定」から「一般」>「メニューバーとDockを暗くする」を選択することで、メニューバーとDockを暗くすることができる。しかし、Troughton-Smith氏が公開したスクリーンショットは、そのカラー設定がまもなく、システム全体に適用できるようになる可能性を示している。

 さらに、Dockには「Apple News」のアイコンが表示されているようだ。「Mac」に「News」のデスクトップアプリが登場することを示唆しているかもしれない。また、Troughton-Smith氏のツイートについて早くから報じていた9to5Macは、OSのアクティブウィンドウの背景に見える砂浜の壁紙から、macOS 10.14のコードネームは「macOS Mojave」になるのではないかとしている。

Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]