logo

LG Display、VRの遅延やブレの軽減にAIを活用--西江大学校と共同開発

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月29日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LG Displayが仮想現実(VR)コンテンツの遅延やモーションブラー(被写体のブレ)を軽減する人工知能(AI)技術を韓国の西江大学校と共同で開発した。

 VR用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)は一般に高い没入感を提供するが、遅延やモーションブラーがめまいを引き起こすこともある。この問題は、特により多くの計算を必要とする高解像度ディスプレイで顕著だ。

 LGの技術は、低解像度動画をリアルタイムで高解像度に変換するアルゴリズムを提供する。この技術のディープラーニングは、デバイスが内部メモリのみを使ってそれを行うことを可能にする。追加の外部メモリは不要だ。

 同社によると、この技術はVRデバイスの遅延とモーションブラーを5分の1以下に軽減する一方で、電力消費も低減するという。高価なGPUがなくても、デバイスでVRを実現できるようになる、とLGは述べた。

 LGと西江大学校はVRヘッドセットの遅延とモーションブラーを測定するモーター駆動型デバイスも開発した。このデバイスは、人間の視覚と首の動きを模倣する技術を使用している。

 5月に入り、LGとGoogleはVR用の新しいOLEDディスプレイ開発に取り組んでいることを発表している。

 また、LG Displayは先週、透明で折り曲げられる77インチのOLEDディスプレイを初めて一般に披露した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]