logo

ソフトバンク、3段階の定額料が自動適用される「おてがるプラン」を6月29日から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは5月25日、データ使用量に応じて3段階の定額料が自動的に適用される「おてがるプラン」を、6月29日から同社のスマートフォン向けに提供すると発表した。

 おてがるプランは、基本プランの「スマ放題」「スマ放題ライト」のいずれかと、専用の新しいデータ定額サービス「データ定額(おてがるプラン専用)」に加入して、契約できる料金プラン。

 データ定額(おてがるプラン専用)は、毎月のデータ使用量に応じて3段階の定額料(1Gバイトまで、2Gバイトまで、3Gバイトまで)が自動的に適用される。対象機種の購入をともなう新規契約または機種変更と同時におてがるプランに加入することで、データ使用量が1Gバイトまでなら通話料を含めて月額1980円から(「おうち割 光セット」の割引含む)利用できるようになる。

「スマ放題ライト」で「おてがるプラン」を利用した場合の月額料金イメージ
「スマ放題ライト」で「おてがるプラン」を利用した場合の月額料金イメージ

 現在の対象機種は、iPhone SE、Android One S3、DIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4。なお、おてがるプランの提供開始にともない、「スマホデビュー割」「ワンキュッパ割」の申し込み受け付けを6月28日をもって終了する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]