logo

Slackが「Actions」発表--メッセージからタスクの作成などが可能に

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月23日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は毎日のようにSlackを使って、同僚とチャットしたり、リンクや写真を共有したりしている。ほとんどは業務で利用しているが、楽しみで使っていることもある。Slackのユーザーは800万人にのぼるという。

 さらに間もなく、Slackが発表した新機能「Actions」を利用して、他のアプリを活用できるようになりそうだ。Slackから離れることなく、Slackのデータをサードパーティーアプリに送ることが可能になる。Slackのメッセージをタスクやコメント、その後の活動へと容易につなげることができる。

Slack Actions Actionsはこのように利用できる。
提供:Slack

 Slackによると、Actionsは現在、Jira、Bitbucket、Asana、Zendesk、HubSpotなどの主に企業向けのサービスで利用可能だ。プログラマーやプロジェクトマネージャー、顧客サポート担当者らが業務をより素早く行えるようになっている。

 Slackはこれまでにもサードパーティーアプリとの統合をサポートしており、ユーザーや開発者が、それをSlackの会話の自然なフローの中で活用できるようにする手段を提供している。

Slack
提供:Slack

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]