logo

マイクロソフトのAIチャットボット「Xiaoice」も自然な会話を披露

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年05月23日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人工知能(AI)による会話機能「Google Duplex」は、人間のように会話できることで大きな注目を集めている。だが、同じようなことができるAIはこれだけではない。

 そんなメッセージを発したのが、Microsoftの最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏だ。The Vergeによると、同氏はロンドンで現地時間5月22日に開催されたAI関連イベントで、Microsoftのチャットボット「Xiaoice」(シャオアイス)のデモを行い、このボットが文字だけでなく、音声を利用して会話する様子を披露した。ただし、The Vergeが伝えているように、XiaoiceはGoogle Duplexと同じように振る舞うわけではない。ユーザーに代わって会話するのではなく、Xiaoiceはユーザーと自然な音声で会話するのだ。

Xiaoice

 Xiaoice(漢字表記は「小さい氷」を意味する)は、2014年のリリース以来、中国で大きな成功を収めてきた。Microsoftはまた、Xiaoiceと同じようなAIチャットボットを、インドでは「Ruuh」、日本では「りんな」、インドネシアでは「Rinna」、米国では「Zo」として提供している。Zoは、失敗に終わった「Tay」の後継プロジェクトだ。ただし、ユーザー数やこなせる会話の量という点で、Xiaoiceが最も成功している。

 Microsoftによると、Xiaoiceは5億人以上のユーザーを抱え、コンテンツ、サービス、タスクなど230種類以上のスキルを備えているという。これらのスキルはすべて、Microsoftいわく、「心の知能指数」(EQ)を高めることを目指したものだ。

 Microsoftは、Xiaoiceの全二重音声検知(人間のように双方向で音声コミュニケーションができる能力)を、パートナーや開発者が自分たちのアプリケーションで利用できるようにすることに取り組みを行っている。

 Microsoftの広報担当者は22日、Zoでも全二重音声検知を使った会話が「近いうちに」サポートされると筆者に語った。

 また、筆者が「Cortana」との関係について質問したところ、広報担当者は次のように回答した。

 当社のソーシャルAIチャットボットとCortanaは、どちらも『Bing』のバックエンドを活用しているが、利用する技術と目的が異なっている。Cortanaは、ユーザーの1日の生活をサポートする目的で設計された、世界初の本格的なパーソナルデジタルアシスタントだ。自宅、職場、外出先などでユーザーが行うさまざまなことを支援することに注力しており、ユーザーがどこにいるときでも、物事をよりうまく行えるようにするツールを提供する。一方、XiaoiceやZoなどのソーシャルAIチャットボットは、社交的な会話やエンターテインメントのために作られている。

 われわれは今後も、Cortanaへの本格的な取り組みを継続し、当社の会話AI技術がCortanaの将来にもたらすものに大きな期待を寄せている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]