logo

グーグル、スタンドアロン型のARヘッドセットを開発中か

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月21日 08時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google A65」という開発コード名で進められているプロジェクトは、スタンドアロン型ARヘッドセットに関するものとみられているようだ。今回、さらに詳しい情報が報じられた。

 ドイツのニュースサイトWinfuture.deは、Googleが台湾メーカーのQuantaと共同で拡張現実(AR)ヘッドセットを開発していることを示唆する文書を入手したとしている。Googleはこれまでに、「Pixel C」の製造でQuantaと提携したことがある。今回のヘッドセットにはカメラセンサとマイクが搭載される見込みだという。マイクがあることから、「Google Assistant」を利用できる可能性も考えられる。またこのヘッドセットには、カスタムメイドの4コアIoTプロセッサであるQualcommの「QSC603」が搭載されるという。

 VRやMRヘッドセットではワイヤレスの製品が最近登場しており、「Oculus Go」、Googleの技術を採用するレノボの「Mirage Solo」などが注目されている。開発中、あるいは開発中だとうわさされるARヘッドセットは多数存在し、Appleやサムスンが手掛けていると報じられているほか、「Magic Leap One」なども登場している。当然、AR分野で最も注目されるGoogleのライバルは、Microsoftの「HoloLens」だろう。HoloLensは、多数の商用アプリケーションで採用されている。

 米CNETはGoogleにコメントを求めたが、返答は得られていない。

Ford
Microsoft HoloLens
提供:Ford

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]