logo

「Xperia Ear Duo」がもたらす音楽も外音も聞ける世界--スマホの通知は耳から確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

装着感、音切れ、音漏れ、気になる“懸念点”を徹底チェック

 完全ワイヤレスイヤホンであり、スマホの各種通知をしてくれるヒアラブルデバイスである「Xperia Ear Duo」がソニーモバイルコミュニケーションズから登場した。1カ月に渡る長丁場で貸出いただいたので、貸出期間中に使い倒した。

 Xperia Ear Duoの気になる点は、耳を塞がない形状になっているので、本当に外の音が聞こえるのか、イヤホンの音が漏れないのかの2点。加えて、完全ワイヤレスの弱点として左右のイヤホン同士の通信が切れることや音の遅延が起きないのか? ずっと待機状態になっていてもしっかりと電池が持つのか? サイズ的に通常のワイヤレスイヤホンよりも大きめなので装着していて耳が疲れないのか? といった部分も試してみたい。

Xperia Ear Duoは外音が聞こえる形状になっていながら、くっきりとした音で音楽や情報を伝えてくれる、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。左右の本体部がタッチパネルになっており、さまざまな操作ができる
Xperia Ear Duoは外音が聞こえる形状になっていながら、くっきりとした音で音楽や情報を伝えてくれる、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。左右の本体部がタッチパネルになっており、さまざまな操作ができる

 早速、装着感から試してみた。Xperia Ear Duoは、耳の穴にひっかけて耳たぶを挟み込み、耳の後ろ側に本体を置くように装着する。挟みこむようになっているが、そこで支えられるようにはなっておらず、耳の穴にひっかけた部分だけで支える形になる。耳に挟み込む方法はちょっとしたコツが必要なので、慣れが必要だが、覚えてしまえばすんなりと装着できる。

 耳の穴だけに負担がかかるのでは? と懸念していたが、付けてみるとそれほどでもなく、長時間装着していても耳は疲れず、痛くもならなかった。これは常時付け続けるアイテムとしては、かなり優秀ではないだろうか。また、痛くない分、ゆるく付いているのでは? という懸念もあると思うが、これが自ら外そうとしないと、まったく外れる気配がなく。しっかりと装着しているので、安心して付けていられる。

装着時は耳たぶを引っ張って、挟み込むようにする。ちょっとしたコツが必要だがすぐに慣れた。想像よりも痛みや疲れは感じなかった
装着時は耳たぶを引っ張って、挟み込むようにする。ちょっとしたコツが必要だがすぐに慣れた。想像よりも痛みや疲れは感じなかった
本体の裏側
本体の裏側

 ほかのBluetooth機器と同様に簡単にペアリングできる。手順はXperia Ear Duoの専用アプリに表示されており、一度ペアリングしてしまえば、Xperia Ear Duoをケースから取り出した段階で、自動的に電源が入り、耳に装着すると接続された状態になっている。

 次に音の聞こえ方について。装着すると今日の予定や天気などを伝えてくれる。さすがに耳元で囁いてくれるのではっきりと聞こえる。音漏れに関してはほぼ聞こえないと言っても過言ではなく、音声情報が流れている時も外の音はしっかりと確認できた。イメージ的には、電車やバスなどのアナウンスが流れたような感じだ。

 これまでにいくつか試した完全ワイヤレスイヤホンは、かなりの確率で都心の混雑した電車内で音が途切れ途切れになったり、顔を左右に動かして、少しでもバランスを崩したりすると、音が途切れてしまうモデルもあった。

 Xperia Ear Duoは、その心配がまったくなかった。スマホとの距離が離れてしまった場合に途切れることがあった程度で、基本的には途切れることはなかった。

 遅延に関しても、ほとんど気にならなかった。音声通話も問題なく、動画に関しては多少音声ずれが発生したが、見ている動画の種類によってはあまり気にならない程度だと思う。

 基本的に音楽や動画再生をメインにせず、ヒアラブルデバイスとして、スマホの通知をメインにして使っていたが、しばらくつけっぱなしにしていても電池残量は半分程度残っており、それほど気にならずに使えた。

 また、通常のBluetoothイヤホンだと、しばらく音声データをやりとりしていないと、電源が落ちてしまい、再度電源を入れるのが面倒に感じるときもあるが、Xperia Ear Duoは待機状態になり、使い勝手もよいと感じた。例えば、電車の中で動画を見ていて、乗り換えで動画を一時停止している間に接続が切れてしまうといったことがなく、一時停止を解除して動画を再生するだけで、音声も出るので、スムーズな使用が可能だ。

他の完全ワイヤレスイヤホンと同様に充電器としての機能もあるケース
他の完全ワイヤレスイヤホンと同様に充電器としての機能もあるケース
本体をケースに入れておくだけで、自動的に充電してくれる
本体をケースに入れておくだけで、自動的に充電してくれる

 懸念点については、そのほとんどが杞憂だったということがわかった。つまり気になりそうな弱点はほぼ解消されていると言っても良いかもれない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]