logo

ウォルマート、インドEC最大手Flipkartを買収へ

Eileen Yu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月10日 10時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walmartが160億ドル(約1兆7600億円)を投じて、インドのEコマース巨大企業Flipkart Groupの77%の株式を取得すると発表した。

 残りの株式は、Flipkartの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のBinny Bansal氏やTencent Holdings、Tiger Global Management、Microsoftを含むFlipkartの既存株主によって保持されると、Walmartは米国時間5月9日遅くに発表した声明の中で述べた。今回の株式取得は、インドで規制当局の承認を得る必要がある。

 WalmartのCEO兼プレジデントのDoug McMillon氏は、「その規模と成長率を考えると、インドは世界で最も魅力的な小売市場の1つだ。当社の投資は、その市場でEコマースの変革を主導する企業と提携する好機となる」と述べた。

 ソフトバンクは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通してFlipkartに出資していた(推定25億ドル、約2700億円)。報道によると、ソフトバンクはそれらの株式を全てWalmartに売却したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]