logo

[ブックレビュー]愛用品から学ぶ英語学習法--「同時通訳者のカバンの中」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祥伝社
詳細:単行本 / 208ページ / 祥伝社 / 著者:関谷英里子 / 監修:高田真弓 / 発売日:2018/04/29 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×1.2cm / 重量:0.2kg
内容:活躍している人のカバンの中、いつも何を持ち歩いているのかというのは、案外気になる。英語学習者から見れば、憧れの存在とも言える同時通訳者である関谷英里子氏が持ち歩いているものとは。
「同時通訳者のカバンの中/ツールを使いこなせば英語力3割アップ!」
「同時通訳者のカバンの中/ツールを使いこなせば英語力3割アップ!」

 同じものを持てば、自分も英語ができるようになるわけでは、もちろんないのだが、活躍している人のカバンの中、いつも何を持ち歩いているのかというのは、案外気になる。その内のひとつでもまねできたら、これまでの自分とは変われるきっかけになるかもしれない、とも思える。そんな好奇心を少しばかり刺激してくれるのが本書だ。

 著者は、英語関連の著作が多数ある同時通訳者だが、英語学習者から見れば、憧れの存在と言ってもいいかもしれない。日々、英語力向上のために努力を続けている人は、そのためにどのようなものを持ち歩き、勉強を続けているのかは、ある程度英語の力がついてきた人にとって、とても関心のあるところだ。カバンの中は、現在、学生時代、会社員時代など、ライフステージごとに紹介されているので、自分に照らし合わせて比較してみるのも面白い。

 もちろん、英語学習に役立つツール類が話の中心だが、そこから派生して、ラジオ講座やオンライン英会話の活用法、ドラマやポッドキャストを使った英語学習法など、英語の勉強のしかたについても、実践的な方法が紹介されているので、英語力に磨きをかけたい人や、モチベーションを高めたい人に役立つ。

-PR-企画特集