logo
Indiegogo

レコードを超音波で丸洗いする「Degritter」--ホコリや汚れと無縁な美しい音楽を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レコードで音楽を聴く行為は、CDや配信と一味違う贅沢な体験だ。ただし、デリケートなメディアであり、慎重に取り扱わなければならない。再生前には、ノイズ源となるホコリを拭き取る必要がある。汚れてもゴシゴシ水洗いするわけにいかないので、ジュースなど絶対にこぼせない。

 そこで、レコードを美しく保つための丸洗い装置「Degritter」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


レコードを丸洗いする装置(出典:Indiegogo)

 Degritterは、周波数120kHzの超音波を使うレコード用の洗浄デバイス。医療器具の洗浄や半導体の製造でも使われる洗浄装置と同じ原理で、水に沈めたレコードに超音波を照射して汚れを落とす。もちろん、レコードを傷つけたり劣化させたりせず、「分子レベル」で表面をきれいにするそうだ。12インチ盤だけでなく、10インチ盤と7インチ盤のレコードも洗浄できる。


小さなサイズのレコードにも対応(出典:Indiegogo)

 使い方は簡単。レコードを上から挿入してスタートボタンを押すだけ。これで洗浄から乾燥まで約5分で済むという。付属の洗浄液を使うと、汚れが落ちやすく乾燥時間が短くなるうえ、レコード表面に帯電防止層が形成されてホコリの付着を抑えられる。

レコードを入れて、ボタンを押して、後は待つだけ(出典:Indiegogo)
レコードを入れて、ボタンを押して、後は待つだけ(出典:Indiegogo)

待っていればレコードがきれいに(出典:Indiegogo)

 洗い落とした汚れは、フィルタで回収してレコードに戻さない。洗浄水用のタンクは容量が約1.2リットルあり、満タンで25枚のレコードを洗える。タンクは取り外し式なので、メンテナンスしやすい。


汚れはフィルタで回収(出典:Indiegogo)
タンクは取り外し式(出典:Indiegogo)
タンクは取り外し式(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万4000ドル(約589万円)。記事執筆時点(日本時間5月8日14時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標を上回る約6万3000ドル(約687万円)の資金を集めている。

Degritterの紹介ビデオ(出典:YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]