logo

腕をタッチパネル付き画面にするスマートウォッチ「LumiWatch」--肌に映像を投影

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カーネギーメロン大学(CMU)の研究チームは、画面を備えず、装着した前腕部の外側の皮膚に映像を投影するスマートウォッチ「LumiWatch」を開発した。投影される映像は、情報を読み取れるだけでなく、指によるタッチ操作も可能だ。


腕をタッチパネル付き画面として利用するスマートウォッチ(出典:カーネギーメロン大学)

 ウェアラブルデバイスには、眼鏡型をしているスマートグラス、耳に入れるスマートイヤホンなど、さまざまなタイプが存在する。なかでも、スマートウォッチに代表されるリストバンド型スマートデバイスは、装着したままでも腕時計と同じくほかの作業の妨げにならず、ユーザーが多い。

 ただし、身に着けて使うウェアラブルデバイスの宿命で、スマートウォッチはボディサイズに制約があり、大きな画面を搭載できない。そのため、表示可能な情報量は少なく、画面のタッチ操作も難しい。CMUの研究チームは、腕の表面をタッチ操作できる画面として利用するLumiWatchを開発し、この問題の解決を図った。


前腕の表面に映像を投影(出典:カーネギーメロン大学)

 LumiWatchを手首につけると、前腕の表面に映像が投影される。表示エリアの面積は約40平方cmあり、一般的なスマートウォッチの画面に比べ5倍以上の広さがあるという。指の位置をリアルタイムに認識する機能も備え、腕の表面上で指の位置を把握できる。これにより、腕を仮想的なタッチパネルとして操作可能としている。


表示エリアが広い(出典:カーネギーメロン大学)

タッチ操作も可能(出典:カーネギーメロン大学)

 プロトタイプは、LumiWatchの本体に画面を搭載しておらず、基盤がむき出しの状態だが、プロセサや電源、プロジェクタ、スキャナといった動作に必要なコンポーネントをすべて内蔵し、単独で機能する。

 米CNETの報道によると、OSはAndroid 5.1で、Bluetoothおよび無線LAN(Wi-Fi)による通信に対応。プロセサは動作周波数1.2GHzのQualcomm製クアッドコア品、RAMの容量は768メガバイト、フラッシュメモリの容量は4ギガバイト、リチウムイオン電池の容量は740mAh。本体のサイズは50×41×17mm。

LumiWatchの紹介ビデオ(出典:Robert Xiao氏/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]