アニメの世界が現実に--人を乗せて歩行、クルマにも変形するロボット「J-deite RIDE」 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2018年04月26日 13時00分

5月5日にツインリンクもてぎで一般公開も

 3社は2016年11月よりLLPを設立。2015年6月から、車型と人型とに変形するJ-deite RIDEの開発に注力してきた。メカデザイン協力は、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などのメカデザインで知られ、また数多くの変形ロボットのデザインも手掛けた大河原邦男氏だ。大河原氏の原画をもとに作成したという。

大河原邦男氏によるアイデアスケッチがベースになっている
大河原邦男氏によるアイデアスケッチがベースになっている

 主にハードウェアの設計・製作をBRAVE ROBOTICSが手がけ、アスラテックは主にロボット制御システム「V-Sido」(ブシドー)によるソフトウェア開発を担当。舞台装置やジェットコースターなどの遊戯機会を手がける三精テクノロジーズが、アミューズメントパーク向けに変形ロボット型遊戯機械の事業化に向けた開発を進めている。

 ツインリンクもてぎで開催されるイベントで、5月5日に初めて一般公開するほか、11月に米国フロリダ州で開催される世界最大のアトラクショントレードショー「IAAPA Attractions Expo 2018」に出展予定だ。

 ビジネス面では、将来的に量産化し、アミューズメントパークなどでの活用を目指すほか、遊戯以外の可能性も考えているという。

 LLPはJ-deite RIDEの協賛企業を募集している。協賛企業は、展示やプロモーション、イベントでの実演にJ-deite RIDEを活用できるという。




CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]