logo

VR ZONE「ドラゴンクエストVR」アクティビティ予約受付を開始--概要も公開

佐藤和也 (編集部)2018年04月21日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドラゴンクエストVR」メインビジュアル
Scroll Right Scroll Left

「ドラゴンクエストVR」メインビジュアル

 バンダイナムコアミューズメントは、同社が運営するVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」において、4月27日から稼働するフィールドVRアクティビティ「ドラゴンクエストVR」の予約を開始。またアクティビティの概要を公開した。

 本作は、スクウェア・エニックスが展開している「ドラゴンクエスト」シリーズをテーマとしたVRアクティビティ。施設内の20m×12mのアリーナを用いて、体験者はパーティを組み「戦士」2人、「魔法使い」、「僧侶」の4人でドラゴンクエストの世界に旅立つ。

 「国王の間」から冒険が始まり、 「草原」「山ろく」「ゾーマ城」からなる3つのステージを、専用の剣、盾、杖を用いて、戦士の剣や魔法使いのメラ、僧侶のホイミといった呪文を駆使しながら、襲い来るモンスターたちに立ち向う。最後には大魔王ゾーマが待ち受ける。本作では、新米冒険者をナビゲートするオリジナルキャラクターのホミリーが登場する。

 価格は3200円で、施設入場料(800円)が別途必要。対象年齢は7歳以上で、13歳未満の利用には保護者の同意が必要となっている。

 稼働開始に合わせて、外壁、内観演出もドラゴンクエスト仕様に。施設外壁にはスライムの装飾を施し、施設内のセンターコアエリアはNAKEDによるドラゴンクエストの演出も開始する。スクリーンは広大なドラゴンクエストのフィールドをイメージした演出に、センターツリーは、世界樹をイメージしたプロジェクションマッピングを行う。また、カフェエリア「グランパーズ」では、ドラゴンクエストコラボフードを4月27日より販売を開始。施設内ではオリジナルグッズも販売する。

 稼働に先立ち、4月25日には「『ドラゴンクエストVR』 オープニングイベント」を開催。ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏やタレントなどを招いたトークイベントを開催する。イベントへの一般応募は終了しているが、当日の模様はYouTubeチャンネル「876TV」でライブ配信を行う。

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO
(C) BANDAI NAMCO Amusement Inc.

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]