logo

宅配クリーニングの「リネット」が「プレミアム便」をスタート--朝6時から1時間単位で集荷

加納恵 (編集部)2018年04月18日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホワイトプラスは4月18日、宅配クリーニングサービス「リネット」に、朝6時から1時間単位で集配する「プレミアム便」をスタートすると発表した。東京23区内で同日から開始する。


「プレミアム便」の開始により、従来サービスとあわせ6つの集配オプションを用意する

 リネットは、インターネットで予約ができるクリーニングサービス。2009年10月にサービスを開始し、現在では日本全国を対象に自宅まで集荷し、クリーニング後配達する。

 衣服が長持ちするドライ全品リファイン加工、水洗い全品柔らか加工、ワイシャツ抗菌防臭加工、毛玉取り、毛取り無料、全品無料でのシミ抜き、仕上がりのダブルチェックという6つの加工、サービスを施した「プレミアム仕上げ」が特徴で、「お気に入りをもっと着たくなる」ことをコンセプトにしている。


MagicalMove代表取締役社長の武藤雄太氏

 プレミアム便は、共働き世帯など、在宅の時間が短く、スムーズに利用できないというユーザーの声を受け、導入したもの。朝6時からの「朝イチ便」、夜24時までの「夜イチ便」を用意し、1時間単位で集荷、配達の時間設定を受け付ける。加えて、通常預け日から2日かかるクリーニング後の届けが翌日できあがる「翌日届け」も実施する。

 朝イチ、夜イチ便は1注文あたり無料で利用でき、翌日届けは1注文あたり税別料金300円がかかる。リネットでは1回の注文が3000円以上の場合は、送料が無料になる。


ホワイトプラスの代表取締役社長である井下孝之氏

 宅配は、ソフトバンクグループのMagicalMoveが担当。同社が提供するAIを活用して効率的に荷物の集荷、配達をする「Scatch!」により、集配時間に縛られずに宅配クリーニングの利用を促す。MagicalMove代表取締役社長の武藤雄太氏は「ネットショッピングの普及により買い物は便利になったが、荷物を受け取れないという新たな課題が出てきた。この部分をテクノロジによって解決していきたい。荷物が届くのを待つのがストレスと感じている人に、1時間ごとに集配を指定できるだけでなく、メール通知や位置情報を知らせることで、宅配クリーニングにおける課題を一緒に解決していきたい」とコメントした。

 ホワイトプラスの代表取締役社長である井下孝之氏は「リネットを立ち上げ、クリーニングを出したいけれど出しにいけない、受け取れないという課題を解決できた。今回はプレミアム便を用意することで、宅配便を待つという、まだ解決できていなかったこと課題に取り組んだ。家に拘束されてしまっていた時間を、新しい自由時間として使ってほしい」とプレミアム便がもたらす新たな価値について説明した。


左からホワイトプラスリネット事業部事業企画プレミアム便開発責任者の日吉良太氏、ホワイトプラス 代表取締役社長の井下孝之氏、MagicalMove 代表取締役社長の武藤雄太氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]