logo

「iPhone X」に未発表のゴールドが計画されていた--2017年にFCC申請

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年04月16日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 未発売となった「iPhone X」のゴールド版。2017年9月にAppleが申請した資料写真を、このほどFCCが公開した。
Scroll Right Scroll Left

 未発売となった「iPhone X」のゴールド版。2017年9月にAppleが申請した資料写真を、このほどFCCが公開した。

提供:FCC

 Appleが米連邦通信委員会(FCC)に提出していた書類から、「iPhone X」で発売されなかったゴールドカラーが計画されていたことが明らかになった。

 FCCが公開したiPhoneの写真を見ると、現行のシルバーと対照的に、サイド部分にもゴールドが使用されているのが分かる。9to5macの報道によると、この写真は注釈に「LCDディスプレイ」と記載されている点が実際の仕様と異なる(実際はOLEDを採用)が、それ以外は色が異なるだけで現行のiPhone Xとほぼ同じだという。

 この写真は2017年9月に申請されたもので、FCCによる6カ月の秘密保持期間を経て公開された。

 KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2017年のiPhone X発売前に、「ブラッシュゴールド」カラーのiPhone Xが発売されると予想していた。同氏はこの色の生産に関して何らかの問題が生じているとも指摘していた。最終的にiPhone Xは、シルバーとスペースグレイの2色が発売された。

 Appleが今後のiPhone Xでゴールドを計画中だといううわさも流れているが、現在のところ発売を示唆する確かな情報はない。

 なお、Apple関連ニュースとしてはこのほか、同社が情報漏えいについて従業員に警告したメモが流出したとも報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]